2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

  • //jQueryとprototypeの競合を避ける jQuery.noConflict();

« mixi ダウンちう 2010 | トップページ | あけおめ 2012 »

2011年5月29日 (日)

日本中の休耕田をAurantiochytrium(オーランチオキトリウム)の「油田」に




 


渡邉信の藻から石油を作り出すエネルギー革命
夢の扉+で紹介されていた
沼や池に繁殖する藻など藻類は水の中で暮らしおよそ4万種が知られている
石油と同じ成分を作る藻が存在する
藻類学者:渡邉信
石油を作る藻を探し求め、世界中の池や沼、洞窟まで調査した
世界で最も効率よく石油を作る藻「オーランチオキトリウム」を沖縄で発見した
●藻から石油を作り出すエネルギー革命
オーランチオキトリウムは光合成を行わず水中の有機物を食べて、油を作り細胞内に溜め込む
オイル生産効率が従来の藻類に比べると10倍以上
この油の成分は石油とほぼ同じ

バイオ燃料の原料であるトウモロコシと比較
1haの土地を使って取れる油はトウモロコシはドラム缶1本、それに対し、オーランチオキトリウムはドラム缶5万本
オーランチオキトリウムはマングローブの根っこでひっそりと暮らしていた
渡邉はそれを持ち帰り、次世代の燃料になることを突き止めた
例えば琵琶湖の1/3、20万haの面積でこの藻を培養すれば石油は輸入する必要がない
20万haで藻を生育すると20億tの石油を生産できる
世界の石油需要量は50億tなので、その40%が日本で生産可能となる
日本が産油国となる
渡邉の油はトラクターを動かし、藻の石油が使える事を実証した。
 

ネタ元はココ
動画はココ
Wikipedia はココ

ポータブルタイプの藻の培養装置が開発できたら「ホーム油田プラント」が可能かも。
石油は家で作る時代に・・・なんてね、夢のまた夢か・・・
.

 


夢の扉+【藻石油渡邉信オーランチオキトリウム】
.

Shopあまなつ+0413 Shopあまなつ+0413
.

« mixi ダウンちう 2010 | トップページ | あけおめ 2012 »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003357/54741295

この記事へのトラックバック一覧です: 日本中の休耕田をAurantiochytrium(オーランチオキトリウム)の「油田」に:

« mixi ダウンちう 2010 | トップページ | あけおめ 2012 »

広告

ウェブページ

美人時計


  • IE以外のブラウザ用 美人時計



  • 現在の閲覧者数:

Blog Parts